Home > Archives > 2017-06

2017-06

職人技

京都も梅雨入りしたとは思えない日が続いていますが、

霊鑑寺様の居宅部分のリノベーション工事は順調に進んでいます。

大工さんの人数も2人から4人になり、床・壁の下地工事の段階へ入り

毎日現場での納まり方法を工務店さんと喧々諤々と打合せしています。

柱や壁の傾きや狂いが解体したことでより明確になり、

当初の想定を越えていたため水平垂直のレベルをどう元に戻しながら納めるか苦労しています・・・

そんな苦労に輪をかけて細かい仕事もでてきています。

それが、鴨居や見切り材などを抜いた後の柱の臍(ホゾ)の埋込作業です。

サイズや形の違う形状に別に作ったものを嵌め込む埋め木作業をお願いしています。

大工さんはさすがだといつも感心していますが、こういう細かいところこそ職人技の見せ所ですね。

昔のものを修復し、蘇らせる仕事は家でも家具でも一番大切にしたいといつも考えています。

こういう仕事は地味で面倒な作業ですが、最終的には一番光る部分になると思います。

大工さんに感謝です!!


IMG_3092

IMG_3090

IMG_3089

IMG_3003

着々と・・・

7月22日(土)開催のイベント「Soiree Champagne ~ソワレ・シャンパーニュ~」。
先日、ナビゲーターの吉田まさきこさん、
インポーターのヴァンパッシオン様、
AIC秋津洲京都総料理長の上島康二シェフと打ち合わせを行いました。

レコルタン・マニピュランの手による個性豊かなシャンパーニュ6アイテム。
その一つひとつについて吉田さんから
それはそれは美味しそうな説明を伺いました。

もちろん、どのシャンパーニュもお薦めなのですが、
中でもエグリ・ウーリエは格別!
ぜひじっくり味わっていただきたい1本です。

当日は、シャンパーニュの販売も行う予定です。
お気に入りの1本を見つけて、ご自宅でも楽しみませんか?
blanc de noirs3

Soiree Champagne ~RMを愉しむ夏の宵~

今、自家栽培のブドウでシャンパーニュを造る小規模生産者
「レコルタン・マニピュラン(RM)」が注目を集めています。

テロワールや造り手の個性が強く表現されるRM。
今回はシャンパーニュ騎士団公認「オフィシエ(将校)」の称号を持つ、
ワイングロッサリー代表取締役役 吉田まさきこさんのナビゲートで
RMによる個性豊かなシャンパーニュ6アイテムと旬の食材を使った料理との
ペアリングを愉しんでいただきます。

場所は「AIC秋津洲京都」のプールハウスレストラン!

夏にぴったりのイベント。
ぜひ、ご参加くださいませ。

日時:2017年7月22日(土) 18:00 Open 18:30 Start
会場:AIC秋津洲京都 プールハウスレストラン
定員:12名 *お申し込み順
参加費:25,000円(税・サービス料込)

お問い合わせ・お申し込みは・・・
Tel:075-741-7939/email:info@seia-c.co.jp
0001

Home > Archives > 2017-06

Search
Feeds
Meta

Return to page top